[PR]

 全国民が注目する国際結婚だった。1937(昭和12)年4月3日、「満州国」皇帝愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)の弟溥傑(ふけつ)(当時29)と、嵯峨侯爵(さがこうしゃく)家の長女浩(ひろ)(同23)の結婚式が、盛大に行われた。媒酌人は元関東軍司令官の本庄繁が務めた。

 その日、浩は祖父宅である東…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも