[PR]

 香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は5日の記者会見で、前日の「逃亡犯条例」改正案の撤回表明について、「困難な局面を打破する第一歩になる」と述べ、混乱の収束に期待を示した。だが、民主派や市民の反発に加え、親中派の一部も異論を表明。今後も抗議デモの勢いは続く見通しが強まっている。▼オピニオン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも