(もっと知りたい)ゴルフが変わる:5 まだまだ長いプレー時間、次の手は?

有料会員記事

[PR]

 ティーショットを打ったら、クラブを携えて、球に向かって走る。たどり着いたら、すぐに打つ。そして、また走る――。

 ストローク数と時間を競う「スピードゴルフ」という競技がある。一人で18ホールを回って、できるだけ早く、良いスコアを目指す。1979年に米国で始まったといわれ、21世紀に入って広まってき…

この記事は有料会員記事です。残り1005文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら