[PR]

 ■画期的、風景描写に哀しみが

 先月取り上げた二葉亭四迷は、デビュー作『浮雲』執筆後、自分には、小説に書くべき内容がないと考え、その後長くロシア文学の翻訳に専念する。なかでもツルゲーネフの『猟人日記』からとった「あひびき」は名訳とされ、多くの若者に影響を与えた。

 国木田独歩もその一人だった。一八…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも