[PR]

 元ハンセン病患者の家族が受けた偏見・差別の被害は国に責任があると認めた熊本地裁の確定判決を受け、原告らが6日、法務省で山下貴司法相と面会し、差別解消の施策実施に向けた協議を求めた。

 山下法相は「人権擁護施策を所管する大臣として心から反省し、深くおわびします」と述べた。林力・原告団長(95)は「勝…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも