運動員手配に報酬、有罪判決

有料会員記事

[PR]

 4月の大阪市議選で車上運動員(通称・ウグイス嬢)の手配に報酬を支払ったとして、公職選挙法違反(買収)の罪に問われた大阪市議の不破忠幸被告(53)の判決が6日、大阪地裁であった。中川綾子裁判長は「選挙の公正を損なう犯行で責任は重い」として懲役1年執行猶予5年(求刑懲役1年)を言い渡した。判決によると…

この記事は有料会員記事です。残り145文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら