[PR]

 韓国のソウル市議会と釜山市議会は6日、日本統治下で朝鮮半島出身の労働者を意に反して働かせた日本企業を「戦犯企業」と定義し、そうした企業の商品を市などが買わない努力義務を定めた条例を可決した。釜山市では、購入済みの製品については「戦犯企業」と表示したステッカーを貼ることを公認するという。両市の条例は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも