[PR]

 東京医科大、昭和大、順天堂大の医学部入試で不合格になったのは、性別や年齢を理由に不利に扱われたためだったとして、元受験生の女性が3大学に計3621万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が6日、東京地裁(田中秀幸裁判長)であった。3大学は、請求の棄却を求め、争う姿勢を示した。

 訴状などによると…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも