[PR]

 公開から3カ月半余り、今も各地で上映が続く。映画「ニューヨーク公共図書館」である。

 就職フェア、ネット接続機器の貸し出し、ダンス教室……。え、そこまで?と思わせる取り組みの数々に交え、利用者を分け隔てなく支えるための議論また議論の光景を映し出す。

 米国民主主義の厚みを感じた。そんな称賛が、観客…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも