[PR]

 2018年7月6日。当時15歳の藤井聡太七段(17)は、王座戦の挑戦者決定トーナメント準決勝に臨んだ。挑戦権獲得まであと2勝と迫っていた。

 1次予選から8連勝中だったが、快進撃に待ったがかかる。立ちはだかったのは、斎藤慎太郎・現王座(26)。この王座戦で勝ち進み、初タイトルを獲得したトップ棋士だ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも