(大志 藤井聡太のいる時代)激闘編:9 トップ棋士の壁、さらなる飛躍のカギは

有料記事

[PR]

 2018年7月6日。当時15歳の藤井聡太七段(17)は、王座戦の挑戦者決定トーナメント準決勝に臨んだ。挑戦権獲得まであと2勝と迫っていた。

 1次予選から8連勝中だったが、快進撃に待ったがかかる。立ちはだかったのは、斎藤慎太郎・現王座(26)。この王座戦で勝ち進み、初タイトルを獲得したトップ棋士だ…

この記事は有料記事です。残り658文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント