[PR]

 「逃亡犯条例」の改正に反対し、100万人の香港市民が大通りを埋めた6月9日から3カ月。抗議運動は、当局が条例改正案を撤回した今も続いている。この運動に自ら参加し、考え、発信を続けている政治哲学者の周保松さんは言う。「これは自由の闘いだ」。その意味することは、香港の人々が求めるものは、何だろう。

この記事は有料会員記事です。残り3515文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り3515文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り3515文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも