[PR]

 団塊の世代が75歳になり始める2022年度、公的医療保険・介護保険・公的年金の三つの保険料率の合計が、会社員の収入の「3割」を超える――。そんな試算結果を9日、健康保険組合連合会(健保連)が発表した。現役世代の負担増を抑えるため、高齢者の受診時の窓口負担を、原則1割から2割に引き上げるべきだとの提…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

こんなニュースも