[PR]

 ■繰り返し描いた「心の中の美」 学芸員・宮野春香

 青森県出身の版画家・棟方志功(1903~75)。自身が生み出す版画を「板画」、肉筆画を「倭画(やまとが)」と呼び、他にも油絵や書を手がけました。当館は、これら768作品、2023点を所蔵。季節ごとに年4回行う展示替えで、多彩な棟方の作品を紹介し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも