「困ったことがあったら夜中でもいいから電話して下さい」。家内を亡くし一人暮しをしている私にそう言って励ましてくれた池内紀さんが逝ってしまった。身を切られる思いがする。

 池内さんはもっとも尊敬する物書きであり、その飄々(ひょうひょう)とした穏やかな人柄にはいつも心がなごんだ。

 五十五歳の時に東大…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも