[PR]

 司法手続きが進む日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告と前代表取締役のグレッグ・ケリー被告の不正について、日産は9日夜、社内調査の結果を公開した。東京地検特捜部が事件化していない不正も含めて認定し、総額は350億円にのぼる。

 ゴーン被告は、有価証券報告書に役員報酬を約91億円少なく記載したとされ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも