[PR]

 奈良県の西田章子さん(78)は70歳を過ぎたころ、尿漏れや頻尿に悩まされるようになった。トイレが近くなり、夜、眠りを妨げられることが増えた。

 県内の総合病院を受診すると、過活動膀胱(ぼうこう)と診断され、「抗コリン薬」というタイプの薬を出された。過活動膀胱は膀胱が収縮し、過敏な状態になっていて…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも