[PR]

 台湾・台北で10日朝に始まった第44期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)第2局は午後5時33分、120手目を白番の張栩(ちょうう)名人(39)が封じて1日目を終えた。1日目としては、昨年の名人戦第1局(117手)を破る名人戦史上最多手数のスピード進行となった。

 対局場は「シャングリ・ラ ファー…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも