[PR]

 東京電力福島第一原発の事故を起こした建屋などから発生し、処理後にたまり続けている汚染水について、原田義昭環境相兼原子力防災担当相は10日の記者会見で、「思い切って、(海に)放出して、希釈するほかにあまり選択肢がないな」などと発言した。

 処理後の汚染水への対応は、国の小委員会で検討が続いている…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも