[PR]

 芸能界やメディアなどの業界で企業に所属せず、フリーランスの立場で働く人の61・6%がパワハラ被害に、36・6%がセクハラ被害に遭っているとの調査結果を10日、協同組合「日本俳優連合」(西田敏行理事長)など3団体が発表した。仕事の発注や配役を受ける側というフリーランスの弱い立場につけ込んだハラスメン…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも