未来人になりきり、防災考える 「何をしておくべきだった?」大阪大が試み

有料記事

[PR]

 将来世代の視点を採り入れて政策などを考える「フューチャー・デザイン(FD)」と呼ばれる試みが広がっている。課題を解決して将来世代を豊かにすることを追求する考え方だ。これを防災に生かす研究が始まっている。

 ■他人事でなく、より長期的な視点で模索

 大阪大吹田キャンパス(大阪府吹田市)で8月、大阪…

この記事は有料記事です。残り1707文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!