[PR]

 植物が他の種と交雑するのを防ぐ役割を持つ遺伝子を、東京大などの研究チームがアブラナ科植物のシロイヌナズナで見つけた。雌しべが他種の花粉を識別して排除するのに必要とみられる。種の独自性を保つために欠かせない仕組みだ。

 成果は科学誌ネイチャー・プランツに掲載された。東大農学生命科学研究科の藤井壮太助…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも