インドネシアで独裁政権の崩壊から民主化への橋渡し役を担ったバハルディン・ユスフ・ハビビ元大統領が11日、ジャカルタの病院で死去した。83歳だった。

 航空エンジニアから政界に転じ、32年間にわたって開発独裁を進めたスハルト政権が1998年5月、アジア通貨危機を背景に退陣に追い込まれると、副大統領か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも