[PR]

 大正期の関東大震災、さらには昭和初期の室戸台風。大災害の経験をふまえ、物理学者の寺田寅彦は多くの戒めを後の世に残した。ある文章に「文明が進めば進むほど天然の暴威による災害がその劇烈(げきれつ)の度を増す」との訴えがある▼国中に電線やパイプ、交通網が張り巡らされたありさまは「高等動物の神経や血管と同…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも