[PR]

 古い話になるが、正宗白鳥が1926(大正15)年に信長の暗殺をテーマにした戯曲「安土の春」を書いている。ときに白鳥46歳、翌年、35歳の芥川龍之介が「ぼんやりした不安」のなかで自殺している。

 芝居の舞台は、1581(天正9)年3月の安土城。本能寺の変の前年にあたる。この年の8月、信長は高野山攻め…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも