[PR]

 見えた。

 父の骨箱を入れたスポーツバッグを胸に抱いて上体を倒し、運転席のほうに目をやると、太陽の塔が確かに見えた。

 予想していたよりも間近だった。思っていたよりずっと大きく、ずっと堂々としていた。両手を広げて丘の上にたたずみ、遥(はる)か彼方(かなた)を見つめる太陽の塔は、地平線から昇ったばか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも