ウォーラーステインがその主著『近代世界システム』第1巻を上梓(じょうし)した1974年には、ベルリンの壁も、ソ連邦も厳然として存在していた。したがって、現代世界を、社会主義圏をも含めて巨大なひとつのシステムと考え、このシステムの全史を描きだそうとする彼の着想を理解する者は、世界的にも多くはなかった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも