[PR]

 青年は、私の数歩先を歩いていた。

 真っすぐな背中で揺れるリュックが若々しい。と、突然振り返り「好きなパブがあるんですが、そこで夕飯というのでいいでしょうか?」「あ、は、はい」と答える。また歩き出す青年。その後ろ姿を見つめる私。初対面の不思議な空気が流れ、まるで学生時代の初めてのデートのようだ。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら