[PR]

 安倍晋三首相(自民党総裁)は憲法改正に向けて、「挙党態勢」を意識した布陣を敷いた。党内で重しになるよう推進役に自らの出身派閥の領袖(りょうしゅう)を起用。国会論議の進展を狙い、衆院憲法審査会のトップには国会対策に通じたベテランを「指名」した。ただ、野党側が簡単に議論に応じる環境にはない。

 首相…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも