[PR]

 ■時代の中でもがいた自由な感性

 戦没画学生の叔父の半生を甥(おい)が描く。久保克彦の一番の大作は東京美術学校(現東京芸大)の首席となった卒業制作で、現在も芸大が所蔵する《図案対象》だ。表紙の作品を見て、不思議と鮮やかな色使い、「図案部」らしい構図の清新さに惹(ひ)かれ、手に取った。戦中のモノクロ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも