[PR]

 中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の任正非最高経営責任者(CEO)が、次世代通信規格「5G」についての自社の技術を他社に有償で供与する意向を示した。技術をオープンにする姿勢を見せて、中国のスパイ活動に悪用されるとの米国の懸念を和らげる狙いとみられる。

 英誌エコノミストが12日に報じたとこ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも