[PR]

 昭和大(東京)は13日、同大医学部の入試不正について調べていた第三者委員会(委員長=榊原一久弁護士)の調査報告書をホームページで公表した。一部の繰り上げ合格者の男女比に「合理的理由を見いだすことができない」差があるとし、女性差別があった可能性を指摘した。

 昭和大をめぐっては昨秋、一般入試のうち…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも