[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けたカヌー(スプリント)のテスト大会の会場で13日、大会組織委員会が人工雪を降らせる実験を行った。暑さ対策の一環で、会場の海の森水上競技場(東京都)で午前10時すぎ、氷の塊を粉砕して雪を降らせる降雪機を使い、5分間で約300キロを降らせた。中には数センチの大き…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも