[PR]

 生まれてこの方、おやじに逆らったことがないんです。とにかく怒ると怖い。高杉良先生が僕をモデルに書いた小説「雨にも負けず 小説ITベンチャー」では穏やかなときの様子が描かれていたけど、喜怒哀楽が激しくて、怒ったら手をつけられない。善意や真心を傷つけてしまったとき、「怒りスイッチ」が入るみたいですね…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも