[PR]

 サウジアラビアの石油施設が攻撃を受けたことで、週明け16日のニューヨーク商業取引所では、原油価格の指標とされる「米国産WTI原油」の先物価格が急騰した。前週末比8・05ドル(14・7%)高い1バレル=62・90ドルで取引を終え、約4カ月ぶりの高値となった。

 サウジ東部にある国営石油会社サウジアラ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも