[PR]

 チュニジアの独立高等選挙機構は17日、大統領選の暫定結果を発表した。1位は無所属で立ち、清貧さをアピールした憲法学者のカイス・サイエド氏(61)で得票率は18.4%、2位は失業や貧困対策を唱えた実業家のナビール・カルウィー氏(56)で15.6%。後日、決選投票が行われる。一方、世俗派政党を離党した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも