[PR]

 ■酷使される労働者、重なる現代

 「今のフリーターと状況が似ている」「プロレタリア文学が今や等身大」「蟹工船(かにこうせん)がリアルに感じられるほど、今の若い人の労働条件はひどい」――。作家・活動家の雨宮処凛(かりん)さん(44)は2008年1月の毎日新聞に載った作家・高橋源一郎さんとの対談でそ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら