(声)家族に聞いた、ハンセン病のいま

有料会員記事

[PR]

 無職 西浦昭英(沖縄県 60)

 沖縄に移住して半年、名護市にあるハンセン病療養所「沖縄愛楽園」を折に触れて訪問している。先日、園内で開かれた講演会に出席した。

 2001年には元患者が原告の裁判で、今年6月には家族が原告の裁判で、いずれも国に賠償が命じられた。だが、両親が患者だった家族は講演で「…

この記事は有料会員記事です。残り350文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載

この連載の一覧を見る