[PR]

 日野自動車は18日、エンジンの制御装置の不具合でエンジンが停止するおそれがあるとして、トラック「プロフィア」2万4602台(2017年6月~19年8月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 国交省によると、アイドリング時のエンジンの回転数不足が原因で、エンジンオイルが全体にまわらずに部品が摩擦で壊れることがあるという。

こんなニュースも