高校の制服価格、カルテルの疑い 公取委、立ち入り 大丸松坂屋など

有料記事

[PR]

 愛知県立高校の学生服の販売価格を引き上げるカルテルを結んでいたとして、公正取引委員会は18日、大丸松坂屋百貨店東京都)や、愛知県豊田市内の制服販売業者数社を独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで立ち入り検査した。

 関係者によると、大丸松坂屋百貨店などは、豊田市内にある愛知県立高校5校の指定販…

この記事は有料記事です。残り206文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント