[PR]

 熊川哲也が新作バレエ「マダム・バタフライ」を振り付けた。プッチーニのオペラ「蝶々夫人」に想を得て、武家の娘と異国の軍人との悲恋を、踊り手の身体によって描き出す。熊川率いるKバレエカンパニーの、設立20周年という節目に挑む作品だ。

 古典バレエのレパートリーを着実に増やしていく中で、熊川には「(ジャ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも