[PR]

 これまであまり見たことがなく、予想もしなかったろうという意味では、奇想の「シャーロック・ホームズもの」だと言っていいのがホリプロ企画制作の「愛と哀しみのシャーロック・ホームズ」(三谷幸喜作・演出)である。

 シャーロック(柿澤勇人)は20代後半、パートナーの医師ワトスン(佐藤二朗)は30代で、19…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも