[PR]

 ■語りつぐ戦争 平和のバトン

 無職 白武留康(佐賀県 82)

 私は8人兄弟の7番目。次兄の顔だけ記憶がない。次兄は1943(昭和18)年4月、鹿屋海軍航空隊で訓練中、鹿児島湾に墜落死した。19歳だった。

 遺骨も遺品もかえってきた。だが兄の面影は私のどこにもない。一瞬にして散った兄を思う時…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも