[PR]

 「儀礼殺人」をご存じだろうか。呪術的なパワーを得るため、体の一部を儀礼にのっとって切り取る殺人のことをいう。『隠された悲鳴』(ユニティ・ダウ著、三辺律子訳)は、実際にあった事件をもとに、アフリカ南部ボツワナの現職大臣が書いた物語だ。

 舞台は世界遺産のオカバンゴ・デルタに近い小さな村。ある日、少女…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも