[PR]

 シリア内戦で反体制派の最後の大規模拠点となっている北西部イドリブ県をめぐり、国連安全保障理事会は19日、停戦決議案の採決を行った。だが、シリアのアサド政権軍の後ろ盾となっているロシアが、中国とともに拒否権を行使。さらに別の決議案を出し、いずれも採択に至らなかった。

 2011年に始まったシリア内戦…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも