スクハラ、相談できる場を 不登校経験もつ大学生、署名活動

有料記事

[PR]

 教員らによる嫌がらせや暴言などを「スクール・ハラスメント」や「学校被害」といった言葉で捉え、改善を訴える動きが出てきている。今夏は、中学の担任からの暴言で不登校となった大学生が署名活動を行った。「被害に遭った時に、相談し、解決できる仕組みがほしい」と訴える。

 ■埋もれた被害の声、続々

 「こん…

この記事は有料記事です。残り1517文字有料会員になると続きをお読みいただけます。