[PR]

 ■俳優・柄本明

 東京乾電池をはじめたころは、1日500円で借りた建物で、稽古してました。体を鍛えたり、即興で芝居をつくったり。

 新劇のアンチとしてアングラが生まれ、アングラのアンチとして我々がうまれた。その意味では新しかったと言えるんでしょうけど、結局、我々のやっていることは何かのまねなんで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも