子犬・子猫、健やかに育つために 改正動物愛護法、規制を大幅強化

有料会員記事

[PR]

 幼すぎる子犬・子猫の販売を禁じたり、飼い主の不適切な「多頭飼育」を虐待と明記したりする改正動物愛護法が6月の国会で成立しました。26日までの動物愛護週間を機に、改正のポイントを紹介し、今後の課題を考えます。

 ■業者 生後8週以下、販売を禁止

 「ペット業界全体のレベルアップにつながると思う」

この記事は有料会員記事です。残り1956文字有料会員になると続きをお読みいただけます。