住宅一部損壊、国が支援 修理費補助金、9割負担 台風15号で特例

有料会員記事

[PR]

 台風15号による住宅被害で、国土交通省などは24日、国の支援制度の対象から外れる一部損壊について、自治体向けの支援を拡充すると発表した。自治体が設ける修理費補助金の9割を国が特例的に負担する。被害が大きい千葉県を対象とし、他の都県については今後検討する。▼35面=千葉の停電「ゼロ」だけど

 総務省

この記事は有料会員記事です。残り517文字有料会員になると続きをお読みいただけます。