(声)閣僚の育休が当たり前の社会に

有料会員記事

[PR]

 主婦 早川裕子(東京都 79)

 1996年秋、東京都から派遣された女性視察団の一員として、ノルウェーの国会を訪れた。大臣であっても産休や育休を取得でき、男女共に既に実績があると聞いて、私たちは一様に驚いた。

 「その間、国政はどうなるのですか?」と尋ねると、事務局の女性は「そのために副大臣がいる…

この記事は有料会員記事です。残り327文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら