[PR]

 二酸化炭素(CO2)の削減効果を価格づけする「インターナル・カーボンプライシング(ICP)」の導入企業が増えている。気候変動問題への関心が高まっており、環境や社会に配慮した企業姿勢を示すねらいからだ。しかし、運用次第では排出削減が進まない可能性もあり、実効性向上が課題になっている。

 日立製作所は…

この記事は有料会員記事です。残り618文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り618文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り618文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも